スポンサードリンク

2008年02月28日

フランスならではのクレープ!ラタトゥイユのそば粉クレープ「ガレット」

フランス パリに暮している頃、子供がお腹を空かせた時、
すぐに食べられるようにとクレープの作り置きをしていました。
クレープにの中身はその時で違いますが、ラタトゥイユは年間を通して作るので、
子供は、前日の夜に作った残りもののラタトゥイユを見つけると、
冬はレンジで温めてからクレープに包み、夏は冷たいまま包んでいました。
とても重宝するレシピだと思います。


フランスならではのクレープ!
ラタトゥイユのそば粉クレープ「ガレット」


材料 (約10枚分)
ラタトゥイユ.jpg◆クレープ生地
そば粉      300g
卵        1個
シードル(辛口) 100ml
塩        小さじ1杯
水        500cc
バター(含塩)  適量
砂糖       適量
◆ラタトゥイユ
緑と赤のピーマン 各2個
玉ねぎ      各2個
なす       各2個
ズッキーニ    2本
ホールトマト缶  1缶(400g入)
オリーブオイル  大さじ2
にんにく     4片
フレッシュタイム 1枝
パプリカ     大さじ1
カイエンヌペッパー小さじ1/3
塩        小さじ2
こしょう     小さじ2/3

作り方
1. 大きめのボールにそば粉と塩を入れ、混ぜたら中央を窪ませ、そこに卵を割り入れる
2. 1に塩を加え、ヘラでよく混ぜ合わせ、全体が均一に混ざったらシードルを加え混ぜる
3. 水を数回に分け加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
   ボールをサランラップで覆い室温で一晩寝かせる
4. ラタトゥイユを作る
 1)ピーマンは種を取り8つに切り、玉ねぎは薄切り、
   なすは一口大に切り、ズッキーニは1cmの厚さに輪切りにする
 2)厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒めた後、
   他の材料を全て入れるトマトは缶汁ごと)
 3)ふたをして中火で20分(途中、ときどき混ぜる)、その後弱火で5分調理
 4)みじん切りにしたにんにくを混ぜ、
   味をみて塩・こしょうで味を調えてから火を止める
5. フライパンを火に掛け温まったら、バターを入れ馴染ませ、
   お玉1杯分の生地を流し入れ薄く広げる
6. 生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
   ラタトゥイユをのせ、クレープのふちを畳み込むようにして四角に成形し、
   皿に盛りサーブする

揺れるハートアドバイス
ラタトゥイユにベーコンを入れても美味しいです。
その場合は、オリーブオイルを少なめにして、ベーコン、玉ねぎの順に炒めてください。


揺れるハートパリのクレープ屋さん情報

パリ左岸14区のMONTPARNASSE(モンパルナス)駅近くの
rue du Monparnasse(モンパルナス通り)は、
「クレープリー(クレープ屋さん)が軒を連ねる通り」とパリジャンやパリジェンヌの間でも
有名な通りです。
ここに、日本でも有名なクレープリー(クレープ屋さん)がいくつかありますが、その1つが
Creperie le Josselin(クレプリ・ル・ジョスラン)。
パリへ訪れた際、パリのクレープリー(クレープ屋さん)街と呼ばれる界隈で、
本場のそば粉クレープ「ガレット」はいかがですか?


揺れるハート食のフランス単語

  毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

  ラタトゥイユ ⇒ ratatouiie(ラタトゥイユ)
  ズッキーニ ⇒ courgette(クルジェット)
  ピーマン ⇒ piment(ピマン)


かわいいフランスならではのクレープ!
  ラタトゥイユのそば粉クレープ「ガレット」



posted by La Creprie at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。