スポンサードリンク

2008年07月14日

クレープの王道 クレープ・シュゼット

 
クレープの王道 クレープ・シュゼット


材料(約8枚分)

◆クレープ生地
薄力粉        100gCrepe24.jpg
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250cc
サラダ油       適量
◆クレープの中身
オレンジの果肉    2個分
オレンジジュース   250cc
無塩バター      適量
グラニュー糖     大さじ3
ブランデー      少々
バニラアイスクリーム 適量

作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
   ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
6. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、もう片面も軽く焼く
7. 別のフライパンに無塩バターとグラニュー糖を溶かし、
   オレンジジュースを注ぎ混ぜたら、ブランデーを加えひと煮立ちさせる
8. 焼き上げたクレープを四つ折りにし、7のフライパンに入れて軽く煮る
   皿に盛り付けてソースをかけ、バニラ・アイスクリームをのせたらできあがり


揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

オレンジ ⇒ orange(オランジュ)
アイスクリーム ⇒ glace(グラス)


揺れるハート7月のフランス旅行は最高!

日本の7月は蒸し暑いですが、フランスは暑さもカラッとさわやか。
7月の初めはフランス全土でラベンダーが咲き乱れ、真っ青な高い空に気持も
解放されます。
太陽の恵みを受けられる短く貴重なこの季節を、皆、満喫するかの様に過ごします。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも最高の季節。
今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみてはいかがですか?


かわいいクレープの王道 クレープ・シュゼット



ラベル:クレープ
posted by La Creprie at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://dvvz3hh.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月20日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。