スポンサードリンク

2008年06月22日

ひよこ豆のペースト サラダ風クレープ

フランスのパリは中近東の移民が多く、中近東料理にも触れる機会が多かっ
たのですが、特に私が好んで食していたのがHummas(ハモス)と呼ばれ
る、ひよこ豆のペーストでした。
今回は、このひよこ豆のペーストを用いたクレープのレシピを紹介します。

ひよこ豆のペースト サラダ風クレープ

材料(4人分)

◆クレープ生地
 そば粉      300gpoischiche.jpg
 卵        1個
 シードル(辛口) 100ml
 塩        小さじ1杯
 水        500cc
 バター(含塩)  適量
 砂糖       適量
◆クレープの中身
 ひよこ豆水煮缶   1缶(200g)
 練りゴマ(白)      大さじ1
 にんにく      1片
 塩         大さじ1/2
 水         大さじ2
 レモン汁      大さじ2
 クミンパウダー   大さじ1/2
 レタス
 たまねぎ      各適量
 トマト
 パセリ
 
 ヨーグルトソース
  ヨーグルト
  きゅうり
  にんにく
  レモン汁
  塩

作り方
1.大きめのボールにそば粉と塩を入れ、混ぜたら中央を窪ませる
  そこに卵を割り入れ、塩を加えてヘラでよく混ぜ合わせる
  全体が均一に混ざったらシードルを加えて混ぜる
  水を数回に分け加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
  ボウルをサランラップで覆い室温で一晩寝かせる
2.たまねぎはスライスして水にさらし、水をきっておく
  レタスは適当な大きさに、トマトは薄くスライスに、
  パセリはみじん切りにする
3.フードプロセッサーにひよこ豆の水煮、白練りゴマ、にんにく、
  レモン汁、クミンパウダー、塩、水を入れ、ペースト状にする
4.すりおろしたきゅうりとにんにくをヨーグルトに加え、
  レモン汁、塩を入れて味を調え、ヨーグルトソースを作る
5.フライパンを火に掛け温まったら、バターを入れ馴染ませる
  お玉1杯分の生地を流し入れ薄く広げる
  生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
  ひよこ豆のペーストを多めにのせ、切っておいた野菜、
  ヨーグルトソースをのせパセリを散らしたら、
  クレープをお好みの形に包んで出来上がり

揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

そば粉クレープ ⇒ galette de sarrasin(ガレット・ド・サラザン)
ひよこ豆 ⇒ poischiche(ポワシッシュ)
枝豆 ⇒ edamame(フランスでも、枝豆は「えだまめ」と言います)


揺れるハート6月のフランス旅行は最高!

日本の6月は梅雨でジメジメ、ジトジト過ごしにくい季節です。
フランスの6月はカラッとさわやか。色鮮やかな花々に心も華やぎます。
パリはこれから7月下旬のヴァカンスに入るまで、パリ市の主催する
無料コンサートやイベントが立て続けにあり、今年はどんなプログラムが
あるのか楽しみにする市民も多いです。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも
最高の季節。今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れて
みませんか?


かわいいひよこ豆のペースト サラダ風クレープ


posted by La Creprie at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。