スポンサードリンク

2009年06月28日

渋谷Bunkamura 親子で楽しむクレープ作り

渋谷Bunkamura20周年を記念するイベント
の1つとして催される”ドゥマゴ パリ祭2009”。
フランス政府観光局も後援する本イベントに、
そば粉クレープ「ガレット」作りを、
親子で参加できるプログラムが用意されています!

DeuxMagotsParis2009.jpg

この機会に、本場フランスの香りを親子で味わってみては?


日時:7月12日(日)
会場:Bunkamura地下1階テラス
料金:¥2,000−
定員:10組20名(先着順)
申込方法:Bunkamuraホームページ「パリ祭」ページから



さて、「パリ祭」とは何かご存じですか?

フランスの革命記念日に、現地国内の至るところで催される
”ル・キャトルズ・ジュイエ(le Quatorze Juillet:7月14日の意)”
と呼ばれるお祭りのこと。

毎年パリでは、シャンゼリゼ通りで行われる、
フランス首相出席の、戦車あり戦闘機ありの大がかりなパレードや、
フランス革命の舞台となったヴァスティーユ広場で、
打ち上げ花火が行われたりする国民的お祭りなのです。


ドゥ・マゴ・パリとは?

フランス・パリ6区、サンジェルマン・デ・プレ教会向かいに建つ
老舗カフェ”レ・ドゥ・マゴ・パリ(Les Deux Magots Paris)”のことです。

1885年に創業以来、ボーヴォワールやサルトル、
ピカソやヘミングウェイなど多くの文学者や芸術家たちに愛され、
パリジャン・パリジェンヌたちにも親しまれているカフェなのです。

そして、このレ・ドゥ・マゴ・パリの海外初提携店が
Bunkamuraの「ドゥ マゴ パリ」なのです。


かわいい渋谷Bunkamuraで親子でクレープ作り!


posted by La Creprie at 19:23| Comment(69) | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

秋の味覚を味わう 栗クリームのクレープ

サバトン(SABATON)やボンヌママン(BonneMaman)から
発売されている栗クリームを使って、秋を味わうクレープを作りましょう。


秋の味覚を味わう 栗クリームのクレープ

材料(約8枚分)

クレープ生地
薄力粉        100g
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250cc
サラダ油       適量
クレープの中身
栗クリーム      
市販の甘栗      各適量


作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. 甘栗は皮をむき、包丁でたたいて粗く刻む
6. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
  ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
7. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、
   薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
   もう片面も軽く焼く
9. 焼き上げたクレープに、栗クリームと粗く刻んだ栗をのせ、
   お好みの包み方で包んだらできあがり
   ※包み方は、本ブログの記事「クレープの包み方」を参考にしてください。
   

揺れるハートアドバイス

クレープの中身に、お好みのフルーツや生クリーム、アイスクリームなどを
プラスするのもオススメ。

揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

栗 ⇒ marron(マロン)
クリーム ⇒ creme(クレーム)


揺れるハート9月のフランス

フランスでは徐々に日照時間が短くなり、もうすぐサマータイムも終わり。
サマータイムの切り替わりは通常9月最終週の日曜日ですが、ここ十数年、
10月の最終週に変更されています。
厚い雲が低く垂れこめ雨が降ったり止んだりするパリもパリらしくて好きですが、
陽ざしが眩しく照りつける夏のパリが素晴らしいだけに、少しさみしい気持ちになります。

今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみませんか?


かわいい秋の味覚を味わう 栗クリームのクレープ
posted by La Creprie at 23:23| Comment(3) | TrackBack(6) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

クレープ簡単レシピ | メイン・メニュー

このブログで紹介しているクレープ簡単レシピのメニューです。
クリックすると、そのレシピのページに移動します。


渋谷Bunkamuraで楽しむ親子クレープ作り!
  ドゥ・マゴ・パリ祭でクレープ屋さん体験


秋の味覚を味わう 栗クリームのクレープ
  サバトン(SABATON)の栗クリームはバニラ風味でオススメ!


ブルーベリーとラズベリーのクレープ
  彩のよい、かわいいクレープ


クレープ・シュゼット
  クレープの王道といわれるクレープ


キーマカレーのそば粉クレープ「ガレット」
  インド人の友人から教わった本格派キーマカレーを、
  ナンではなくそば粉クレープ「ガレット」でどうぞ


ずんだクレープ
  東北宮城県のずんだをフランス生まれのクレープでアレンジ


ひよこ豆のペースト サラダ風クレープ
  中近東料理ひよこ豆のペーストをクレープでいただきます


フランスで好評を得た | ステーキフリットと卵のそば粉クレープ「ガレット」
  フランスの国民食ステーキフリットをクレープでアレンジ


アプリコットと抹茶アイスクリームのクレープ
  アプリコットのオレンジと、抹茶アイスクリームの緑、生クリームの白で
  色彩も楽しるクレープ


生ハムとレタスのバジル風クレープ
  サッパリといただけるサラダ風クレープ


マンゴーと生クリームのクレープ
  人気のフルーツマンゴーを使ったクレープ


イチジクとマスカットゼリーのクレープ
  食感が楽しく甘くて美味しい「いちじく」と、さわやかなのどごしの
マスカットゼリーを包んだクレープ


メゾンフェルベール(Maison Ferber)のいちごジャムとバニラアイスクリームのクレープ
  お気に入りのメゾンフェルベール(Maison Ferber)の
いちごジャムをソースとして使ったクレープ


パリの子供たちにも好評 | 洋梨のクレープ
  洋梨の缶詰を使って作るクレープ


フランスのパリで出会った「ファラフェル」でクレープ
  中近東料理ファラフェルとは「ひよこ豆のコロッケ」のことです


ハムとマッシュルームのそば粉クレープ「ガレット」
  フランスならではのクレープ
  

プリン・ア・ラ・モード風クレープ
  フルーツと生クリーム、プリンをクレープで包みます


フランスでも人気の「あずき」と生クリームのクレープ
  「あずき」を使った日仏融合のクレープ


Maison Ferber(メゾンフェルベール)のブラックチェリーコンフィチュールと
フロマージュブランのクレープ

  日本でも入手可能になったMaison Ferber(メゾンフェルベール)の
  コンフィチュールとフロマージュブランのクレープ


フランスで大好評 | ハンバーグのクレープ
  クレープで満腹になりたい!というリクエストから生まれたクレープ


ラタトゥイユのそば粉クレープ「ガレット」
  野菜がたっぷり摂れるフランスならではのクレープ


生ハムとモッツァレラチーズのサラダ風クレープ
  フランスならではのクレープ


スモークサーモンのそば粉クレープ「ガレット」
  フランスの料理雑誌のレシピをヒントになったクレープ


ハムと卵のそば粉クレープ「ガレット」
  フランスのクレープリー(クレープ屋さん)に行くと必ずメニューにあるクレープ


チョコバナナクレープ
  フランスには存在しませんが、すっごく好評だったクレープ


あま〜い「いちご」のクレープ
  日本特有のクレープメニュー、フランスでは味わえません


クレープの包み方
  ラフに包んでオシャレにアレンジ


そば粉のクレープ「ガレット」の作り方
  フランスのクレープリー(クレープ屋さん)で、
  ご主人に教わった本場そば粉クレープ「ガレット」のレシピ


クレープの作り方
  フランスのクレープリー(クレープ屋さん)で、
  ご主人に教わった本場クレープのレシピ

  


クレープ簡単レシピ|メイン・メニュー
posted by La Creprie at 11:01| Comment(0) | TrackBack(3) | レシピ★一覧リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ブルーベリーとラズベリーのクレープ

 
ブルーベリーとラズベリーのクレープ


材料(約8枚分)

クレープ生地
薄力粉        100g
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2myrtille.jpg
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250cc
サラダ油       適量
クレープの中身
ブルーベリー     
ラズベリー    
いちご        各適量
ピスタチオ      
バニラ・アイスクリーム

作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. ブルーベリーとラズベリーいちごは水洗いして、水を切っておく
   いちごは適当な大きさにスライスし、ピスタチオは細かく砕いておく
6. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
   ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
7. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、もう片面も軽く焼く
8. 焼きあがったクレープにブルーベリー、ラズベリー、いちごをのせ、
   バニラアイスクリームを盛ったらピスタチオを散らし、お好みの包み方
   に成形したらできあがり


揺れるハート食のフランス単語framboise.jpg

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

ブルーベリー ⇒ myrtille(ミルティーユ)
ラズベリー ⇒ framboise(フランボワーズ)


揺れるハート7月のフランス旅行は最高!

日本の7月は蒸し暑いですが、フランスは暑さもカラッとさわやか。
7月の初めはフランス全土でラベンダーが咲き乱れ、真っ青な高い空に気持も
解放されます。
太陽の恵みを受けられる短く貴重なこの季節を、皆、満喫するかの様に過ごします。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも最高の季節。
今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみてはいかがですか?


かわいいブルーベリーとラズベリーのクレープ

posted by La Creprie at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

クレープの王道 クレープ・シュゼット

 
クレープの王道 クレープ・シュゼット


材料(約8枚分)

◆クレープ生地
薄力粉        100gCrepe24.jpg
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250cc
サラダ油       適量
◆クレープの中身
オレンジの果肉    2個分
オレンジジュース   250cc
無塩バター      適量
グラニュー糖     大さじ3
ブランデー      少々
バニラアイスクリーム 適量

作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
   ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
6. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、もう片面も軽く焼く
7. 別のフライパンに無塩バターとグラニュー糖を溶かし、
   オレンジジュースを注ぎ混ぜたら、ブランデーを加えひと煮立ちさせる
8. 焼き上げたクレープを四つ折りにし、7のフライパンに入れて軽く煮る
   皿に盛り付けてソースをかけ、バニラ・アイスクリームをのせたらできあがり


揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

オレンジ ⇒ orange(オランジュ)
アイスクリーム ⇒ glace(グラス)


揺れるハート7月のフランス旅行は最高!

日本の7月は蒸し暑いですが、フランスは暑さもカラッとさわやか。
7月の初めはフランス全土でラベンダーが咲き乱れ、真っ青な高い空に気持も
解放されます。
太陽の恵みを受けられる短く貴重なこの季節を、皆、満喫するかの様に過ごします。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも最高の季節。
今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみてはいかがですか?


かわいいクレープの王道 クレープ・シュゼット

ラベル:クレープ
posted by La Creprie at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

キーマカレーのそば粉クレープ「ガレット」

キーマカレーをナンではなく、そば粉クレープ「ガレット」で包んでいただくレシピです♪


キーマカレーのそば粉クレープ「ガレット」

材料(約10枚分)

◆クレープ生地curry.jpg
そば粉       300g
卵         1個
シードル(辛口)  100ml
塩         小さじ1杯
水         500cc
バター(含塩)   適量

◆クレープの中身
牛挽き肉      500g
たまねぎ      2個
グリーンピース   適量
赤とうがらし    1本
ローリエ      1枚
トマト水煮     400g
ブイヨンスープ   2カップ
カレー粉      大さじ2
コリアンダー(パウダー)小さじ2
クミン      小さじ2
にんにく      1.5片
しょうが      1片
塩         小さじ1
サラダ油      大さじ3
玉子       
パセリ(みじん切り) 適量


作り方

1. 大きめのボールにそば粉と塩を入れ混ぜる
2. 中央を窪ませ、そこに卵を割り入れ、塩を加えヘラでよく混ぜ合わせ、
   全体が均一に混ざったらシードルを加え混ぜる
3. 水を数回に分け、加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
   ボールをサランラップで覆い室温で一晩寝かせる
4. フライパンを火に掛け温まったら、バターを入れて馴染ませ、
   お玉1杯分の生地を流し薄く広げる
5. 生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
   キーマカレーをのせ、玉子を割り、玉子に火が入り始めたらクレープの
   ふちを畳み込むようにして四角に成形し、お好みでパセリを散らしたらできあがり

【キーマカレーの作り方】

1.たまねぎはみじん切りに、赤とうがらしは種を取りのぞき適当な大きさに切る
  トマトの水煮はつぶしておく
2.なべに油を熱し、赤とうがらしとローリエを入れ、
  たまねぎを加えてじっくりと飴色になるまで炒める
3.2に牛肉を加え炒め、カレー粉、コリアンダー、クミン、にんにく、
  しょうがを入れ、牛肉に火がとおるまで炒める
4.ブイヨンスープを注ぎ、トマトの水煮を加えて煮立てる
  アクを取り、なべのふたをして中火から弱火で15分火をとおす
5.火を止め10〜15分余熱調理後、再度火にかけ塩を加え煮つめたら
  グリーンピースを加える


揺れるハート7月のフランス旅行は最高!

日本の7月は蒸し暑いですが、フランスは暑さもカラッとさわやか。
7月の初めはフランス全土でラベンダーが咲き乱れ、真っ青な高い空に気持も
解放されます。
太陽の恵みを受けられる短く貴重なこの季節を、皆、満喫するかの様に過ごします。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも最高の季節。
今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみてはいかがですか?


かわいいキーマカレーのそば粉クレープ「ガレット」

posted by La Creprie at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

フランスで入手の枝豆で ずんだクレープ!

フランスで暮らす日本人が枝豆を栽培し販売している。フレンチのシェフも、この農家が企画した枝豆料理披露のイベントに招待され、その美味しさを知り、それぞれのレストランで使用し始めていると聞いています。
パリの日本食販売店でも稀にお目見えしますが、日本の数倍高い値段。普段の食卓のためにはなかなか手が出ません。
しかし、先日、パリ郊外に住む日本人の友人が大量の枝豆を入手したとのことで、おすそ分けをいただいた(*^。^*)。
枝豆って意外に傷みが早いもの。美味しさをキープし、小出しで少量ずついただきたいと考え、早速、枝から全てのさやをはずし塩茹で。その晩の晩酌にいただく分は取り分け、残りは冷凍保存へ。
晩酌分に取り分けていた枝豆をみつけた家族が「ずんだがなつかしいなぁ〜」と何げなく言った言葉に、私も急に食べたくなり急きょ一部をずんだに変更。
冷蔵庫に作り置きしておいたクレープをみつけ、包んでいただくと、これも美味!
今回は、そのずんだクレープの作り方を紹介します♪


フランスで入手の枝豆で ずんだクレープ!

材料(約8枚分)

◆クレープ生地
薄力粉        100g
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250ccH-vert.bmp
サラダ油       適量
◆クレープの中身
枝豆         
抹茶アイスクリーム  
砂糖         各適量



作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. 枝豆は柔らかく茹でてさやから出し、水につけて薄皮をむく
   包丁でたたいて粗く刻んだら、すり鉢に入れて丁寧にすりつぶす
   水で延ばしながら混ぜ、砂糖を少しずつ加えて好みの甘さにする
   最後に塩を加えて味をしめる
6. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
  ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
7. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、もう片面も軽く焼く
9. 焼き上げたクレープに、ずんだをたっぷりのせ、お好みの包み方で包んだらできあがり

揺れるハートアドバイス

クレープの中身に、お好みのフルーツや生クリーム、アイスクリームなどを
加えるのもオススメ。

揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

枝豆 ⇒ edamame(えだまめ)
     フランスでも、枝豆は「えだまめ」と言います。あえて言い換えるなら、
     haricots de soja(アリコ・ドゥ・ソジャ)となります。

揺れるハート6月のフランス旅行は最高!

日本の6月は梅雨でジメジメ、ジトジト過ごしにくい季節です。
フランスの6月はカラッとさわやか。色鮮やかな花々に心も華やぎます。
パリではこの季節、パリ市の主催する無料コンサートやイベントが立て続けに
行われ、毎年、そのプログラムを楽しみにする市民も多いです。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも最高の季
節。今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れてみませんか?


かわいいフランスで入手の枝豆で ずんだクレープ!
posted by La Creprie at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ひよこ豆のペースト サラダ風クレープ

フランスのパリは中近東の移民が多く、中近東料理にも触れる機会が多かっ
たのですが、特に私が好んで食していたのがHummas(ハモス)と呼ばれ
る、ひよこ豆のペーストでした。
今回は、このひよこ豆のペーストを用いたクレープのレシピを紹介します。

ひよこ豆のペースト サラダ風クレープ

材料(4人分)

◆クレープ生地
 そば粉      300gpoischiche.jpg
 卵        1個
 シードル(辛口) 100ml
 塩        小さじ1杯
 水        500cc
 バター(含塩)  適量
 砂糖       適量
◆クレープの中身
 ひよこ豆水煮缶   1缶(200g)
 練りゴマ(白)      大さじ1
 にんにく      1片
 塩         大さじ1/2
 水         大さじ2
 レモン汁      大さじ2
 クミンパウダー   大さじ1/2
 レタス
 たまねぎ      各適量
 トマト
 パセリ
 
 ヨーグルトソース
  ヨーグルト
  きゅうり
  にんにく
  レモン汁
  塩

作り方
1.大きめのボールにそば粉と塩を入れ、混ぜたら中央を窪ませる
  そこに卵を割り入れ、塩を加えてヘラでよく混ぜ合わせる
  全体が均一に混ざったらシードルを加えて混ぜる
  水を数回に分け加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
  ボウルをサランラップで覆い室温で一晩寝かせる
2.たまねぎはスライスして水にさらし、水をきっておく
  レタスは適当な大きさに、トマトは薄くスライスに、
  パセリはみじん切りにする
3.フードプロセッサーにひよこ豆の水煮、白練りゴマ、にんにく、
  レモン汁、クミンパウダー、塩、水を入れ、ペースト状にする
4.すりおろしたきゅうりとにんにくをヨーグルトに加え、
  レモン汁、塩を入れて味を調え、ヨーグルトソースを作る
5.フライパンを火に掛け温まったら、バターを入れ馴染ませる
  お玉1杯分の生地を流し入れ薄く広げる
  生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
  ひよこ豆のペーストを多めにのせ、切っておいた野菜、
  ヨーグルトソースをのせパセリを散らしたら、
  クレープをお好みの形に包んで出来上がり

揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

そば粉クレープ ⇒ galette de sarrasin(ガレット・ド・サラザン)
ひよこ豆 ⇒ poischiche(ポワシッシュ)
枝豆 ⇒ edamame(フランスでも、枝豆は「えだまめ」と言います)


揺れるハート6月のフランス旅行は最高!

日本の6月は梅雨でジメジメ、ジトジト過ごしにくい季節です。
フランスの6月はカラッとさわやか。色鮮やかな花々に心も華やぎます。
パリはこれから7月下旬のヴァカンスに入るまで、パリ市の主催する
無料コンサートやイベントが立て続けにあり、今年はどんなプログラムが
あるのか楽しみにする市民も多いです。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも
最高の季節。今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れて
みませんか?


かわいいひよこ豆のペースト サラダ風クレープ
posted by La Creprie at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

フランスで好評を得た | ステーキフリットと卵のそば粉クレープ「ガレット」

高級フランス料理店はもちろん、街角でみかけるブラッスリーでも
必ずあるメニュー「ステーキフリット」。パリに暮らしている頃、
私もいただく機会がありました。
ある日、週に何度か開かれる近所のマルシェ(市場)で美味しそう
なじゃがいもをみつけ、ついつい大量購入。浮かんだレシピの1つ
がステーキフリット。子どもたちにも人気のメニューです。「その
ステーキフリットをクレープで包み食べてみたいなぁ」という子供
の一言で、数日後のランチにトライ。結果はもちろん好評!
子供の連れてきていたフランス人のお友だちも気に入ってくれ、そ
の後何度もリクエストされる程でした。
今回は、そのレシピを紹介します。

フランスで好評を得た♪
ステーキフリットと卵のそば粉クレープ「ガレット」


材料 (約10枚分)

steak-frite.jpg◆クレープ生地
そば粉       300g
卵         1個
シードル(辛口)  100ml
塩         小さじ1杯
水         500cc
バター(含塩)   適量

◆クレープの中身
牛薄切り肉     適量
フライドポテト   適量
(冷凍品やできあいのものでもOK)
卵         クレープ1枚につき1個
塩         
粗挽き黒こしょう  各適量

パセリ

作り方

1. 大きめのボールにそば粉と塩を入れ混ぜる
2. 中央を窪ませ、そこに卵を割り入れ、塩を加えヘラでよく混
   ぜ合わせ、全体が均一に混ざったらシードルを加え混ぜる
3. 水を数回に分け、加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
   ボールをサランラップで覆い室温で一晩寝かせる
4. 牛肉を焼き目が点く程度にフライパンで焼く
   フライドポテトを作る
5. フライパンを火に掛け温まったら、バターを入れて馴染ませ、
   お玉1杯分の生地を流し薄く広げる
6. 生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
   牛肉とフライドポテトをのせ、卵を割る
7. 卵に火が入り始めたらクレープのふちを畳み込むようにして
   四角に成形し、器に盛り、お好みでパセリを散らす

揺れるハート食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

牛肉 ⇒ boeuf(ブッフ)
じゃがいも ⇒ pomme de terre(ポム・ド・テール)

揺れるハート6月のフランス旅行は最高!

日本の6月は梅雨でジメジメ、ジトジト過ごしにくい季節です。
フランスの6月はカラッとさわやか。色鮮やかな花々に心も華やぎます。
パリはこれから7月下旬のヴァカンスに入るまで、パリ市の主催する
無料コンサートやイベントが立て続けにあり、今年はどんなプログラムが
あるのか楽しみにする市民も多いです。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも
最高の季節。今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れて
みませんか?


かわいいフランスで好評を得た♪
ステーキフリットと卵のそば粉クレープ「ガレット」
posted by La Creprie at 13:48| Comment(1) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

アプリコットと抹茶アイスクリームのクレープ

5月〜7月が旬のアプリコットを使ったクレープを紹介します。
アプリコットのオレンジと、抹茶アイスクリームの緑、
生クリームの白で色彩も楽しるクレープです。


アプリコットと抹茶アイスクリームのクレープ


材料(約8枚分)

◆クレープ生地
薄力粉        100g
砂糖(粉砂糖なら尚可)大さじ2
無塩バター      30g(溶かしたもの)
卵          3個(Mサイズ)
牛乳         250cc
サラダ油       適量
abricot.jpg◆クレープの中身
アプリコット     適量
(アプリコットの缶詰でもOK)
抹茶アイスクリーム  適量
生クリーム      適量

作り方

1. 薄力粉、砂糖をそれぞれ別の器にふるいにかける
2. ボールに卵を割り、1の砂糖を入れ、泡だて器(もしくはミキサー)で、
   白身と黄身が適度に混ざる程度に軽く混ぜる
3. 分量の半分の牛乳を注ぎ泡だて器で攪拌(かくはん)後、1の薄力粉を加え攪拌
   ダマがなくなったら残りの牛乳を少しづつ入れながら攪拌後、溶かした無塩バター
   を混ぜ合わせる
4. 生地を漉し器(こしき)で漉し、軽く全体的に混ぜたら、
   ラップをして冷蔵庫で3〜4時間(できれば一晩)おく
5. アプリコットの皮をむき、適当な大きさでスライスする
6. 生クリームは、泡立てる直前に冷蔵庫から取り出し、好みの量の砂糖を加え、
   氷水の上に生クリームを入れたボールをのせ一気に泡立てる
  ※ 生クリームを泡立てる固さの目安は3月27日の記事
    アドバイスのコーナーを参考にしてください
7. フライパンを熱し、キッチンペーパーを使いサラダ油を塗る
  ※ 油を塗ってフライパンから煙が少し立つ程度が焼き頃
8. クレープ生地をお玉ですくいフライパンに流し入れ、薄く広げて中火〜強火で焼き、
   生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、もう片面も軽く焼く
9. 焼き上げたクレープに、アプリコットと抹茶アイスクリームをのせ、
   生クリームを絞り、お好みの包み方で包んだらできあがり

揺れるハート アドバイス

クレープの中身にあずきやを加え、より和風に仕上げるのもオススメ。
チョコレートやラム・レーズン、アーモンド・スライスなどでトッピング
しても美味しいです。

揺れるハート 食のフランス単語

毎回、レシピの中に登場する食材のフランス単語を紹介しています。

アプリコット ⇒ abricot(アブリコ)
アイスクリーム ⇒ glace(グラス)


揺れるハート 6月のフランス旅行は最高!

日本の6月は梅雨でジメジメ、ジトジト過ごしにくい季節です。
フランスの6月はカラッとさわやか。色鮮やかな花々に心も華やぎます。
パリはこれから7月下旬のヴァカンスに入るまで、パリ市の主催する
無料コンサートやイベントが立て続けにあり、今年はどんなプログラムが
あるのか楽しみにする市民も多いです。
TGV(フランスを走る特急列車の名前)に乗り、地方を旅するにも
最高の季節。今年は日仏交流150周年、この機会にフランスを訪れて
みませんか?



かわいい アプリコットと抹茶アイスクリームのクレープ
posted by La Creprie at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。